六本木

佐野はるか展を観にSAVOIR VIVREにいって参りました。
都会の喧騒を忘れてしまいそうな素敵なビルの中にあるギャラリーに
はるかさんの作品が溶け込み、
居心地が良すぎて随分と長居をしてしまいました。

このシリーズは新作みたいです。
f0230996_19452.jpg

以前からのシリーズもやはりかっこいい。
f0230996_1181518.jpg

私の記憶にある作品の印象がこちらでしたので
今回初めて個展をみせていただいたのですが、
二つのまったくモードの違う仕事に驚きました!

佐野はるか展
SAVOIR VIVRE
2010.4.10[sat.]ー4.18[sun.]
[PR]
# by komako-jk | 2010-04-11 10:06 | 展覧会

適正価格

illyのカフェを見つけたので入ってみました。
f0230996_21592897.jpg

コーヒーは一杯330円とリーズナブルですし
明るくて開放的な空間にほっと一息。
実は、ここに来る前に入ろうとした喫茶店は一杯900円したので
口笛を吹きながら退散してきたのです。
立地条件にもよるのだろうけど、所場代らしきものが
大きく関わっていそうな価格には今だ馴染めず002.gif
その点、大手は安心です。
f0230996_22172634.jpg

おいしかったし、充分満足しましたー。
[PR]
# by komako-jk | 2010-04-10 00:34 | お気にいり

生きる力

銀座の和光に「近藤陶芸の世界 ー伝統と革新ー」を観にいって参りました。
 
f0230996_0252274.jpg

染付けの人間国宝、近藤悠三から三代に渡る4人の作品が
それぞれの光を放ち、まさに伝統と革新が一同に観られる展覧会です。

特に今日はお孫さんである、近藤高弘さんのギャラリートークがあったせいか、会場は大変賑わっておりました。
ご自身が陶芸の世界に入っていったきっかけからはじまり
偉大な祖父の仕事をみながら、自らの制作を展開させていった過程を
会場の作品と併せて、とてもドラマティックにお話してくださったので、
より説得力があります。

大家ならではの悩みももちろん、計り知れないほどあるとはおもいますが
それを糧にする強い生命力が、作品と心地よく比例していて
バランス感覚の優れた方だと感じました。
[PR]
# by komako-jk | 2010-04-09 00:59 | 展覧会

食用

桜がめいっぱい花を咲かせているその下で
紫花菜も群生している姿がとてもきれい。
f0230996_1541557.jpg

にぎやかに咲いていたので、少し拝借して自作の湯呑みに挿してみました。
f0230996_15412155.jpg
この花の葉は食べられるらしい。初耳でした005.gif
[PR]
# by komako-jk | 2010-04-08 12:46 | 作品

渡辺国夫展

日本橋高島屋に観に行ってまいりました。

国夫さんは、東京芸大を卒業されてからしばらく
瀬戸でお仕事をなさっていたので、
私が学生の頃は、講評会を一緒にうけていました。

いつも、愛知芸大のイロとはガラリと違う
美しい作品に、粋な東京の風を感じておりましたが
今回もまた素敵な作品がズラリ。
f0230996_20311870.jpg

もはや元の生地の姿は見えないほど、
高台の裏まで丁寧に装飾されています。
磁器だからこそ可能な造形と、その形にあった文様にうっとり。

またまた国夫マジックにかかってしまうのでした!
[PR]
# by komako-jk | 2010-04-07 21:17 | 展覧会