新井淳夫展

フランスと日本を行き来しながら墨絵を描いている新井淳夫さんの展示を観てきました。
芸術大国フランスでも墨絵はオリエンタルでとっても魅力的のようです。
油絵を描いていた頃より反応がいいんだとか029.gif
独特の墨の線で描かれた絵の数々は建物でも人物でも植物でも
彼の個性が滲み出ていてステキ!
表面の形だけを追わないってこうゆうことよね。
私はまだまだ見た目に捕われてしまっているな。。と。
f0230996_23423876.jpg

風景などは特に、ほんのり着彩してある部分にやさしい光を感じました。
そばに小さく描かれている猫の表情とか通行人の星柄の服など
遊び心も満載です。
f0230996_23435574.jpg

今まで何百枚何千枚何万枚描いたのだろう。
重ねて描いた紙の分だけ絵にも深みがでるのですね。
自分にもこんな強さがほしいな〜。。

新宿プロムナードギャラリー
10月16日まで。11時より搬出。だそうです。
by komako-jk | 2010-09-21 23:24 | 展覧会
<< 第57回 日本伝統工芸展 分身 >>